各部門のご紹介

放射線科

一般撮影

一般撮影

一般にレントゲン撮影と呼ばれているもので、画像検査の基本的な撮影です。整形外科では骨、関節の撮影を行います。内科、外科では胸部や腹部の撮影を行います。

造影検査

造影検査

バリウムを使用して上部消化管(食道・胃・十二指腸)と大腸の撮影をします。

ガンの早期発見のためのスクリーニング検査から精密検査に至るまでの消化管検査を行います。

マルチスライスCT検査

マルチスライスCT検査

連続的に高精細な断層撮影を行います。苦痛をともなわずに安全で短時間に精密な検査が行えます。

  • 頭部(脳腫瘍・脳出血・脳梗塞・他)
  • 胸部(肺ガン・肺炎・他)
  • 腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・骨盤・他)
  • 脊椎等、全身の病変を精密に撮影し、正確な診断に役立ちます。

超音波検査

超音波を体内に入射し、組織の持つ反射の強弱を画像として撮影します。

超音波は非侵略的(無害)で、患者さんの負担が少ないのが特徴です。

内視鏡検査

内視鏡検査

内視鏡を使用して胃、大腸、その他の鮮明な画像を撮影をします。

これまで観察の難しかった症状の細かな病変も見逃しません。

また治療の面でも、これまで手術でしか治療できなかった症例も、内視鏡による最新の治療法で治療できるようになりました。

骨塩量検査

骨塩量検査

微弱なX線により生体中の骨塩量、骨密度を迅速かつ正確に測定できます。

骨粗鬆症の診断や治療の経過観察のほか腎疾患(腎性骨形成異常)の経過観察に有用です。

各部門のご紹介
医療法人社団 蒼生会 高松病院 TAKAMATSU HOSPITAL
TEL 03-3997-1171

〒179-0075
東京都練馬区高松6-4-23